Dec.18.2012 アメリカ・メキシコ国境 ティファナ Tijuana, US-Mex border


メキシコの国境ゲート。回転扉の向こうはもうメキシコです。
ちなみに、メキシコは国境地帯72時間以内の入国であればノーチェックなので、この扉をくぐるだけでメキシコ入りは完了です。(さらにメキシコ奥地に進む人は、事務所に出頭して入国手続をします)。


サンディエゴの路面電車が、国境の手前まで走っています。ダウンタウンから約30分で国境地点のサン・イシドロです。


 路面電車を降り、この看板に従い歩くと、2,3分でさっきのゲートに着きます。




メキシコに入るのはフリーパスですが、アメリカに入るのには厳格な入国審査があります。車も人(右端)も大行列。アメリカ側は、開放しては、不法入国者が後を絶たなくなるわけで、このような差が生じます。経済格差が目に見える瞬間です。


国境を越えると、そこはメキシコ。地理的にはサンディエゴと変わらぬ場所なのに、そこはもうはっきりとメキシコです。


スーパーに並ぶサルサソースの数々。


国境を越えたティファナの街では、やたらに日本語で声をかけられます。目抜き通りには、謎のオパール・センター。ここを訪れる日本人が多いことが伺えます。確かに、アメリカ旅行のついでに、ちょっとだけメキシコというにはとてもいい場所でしょう。「国境」というものがよく見える場所です。


ティファナの街は、経済的には完全にサンディエゴと一体です。メキシコ政府が国境地帯に経済特区を敷いているおかげか、薬が安いらしく、薬局が多数あります。お客はどうやらアメリカからくる買い物客。アメリカで買うよりも大分割安なのでしょう。また、アメリカでは処方箋が必要な薬も、こちらでは容易にドラッグストアで手に入るといいます。

ティファナは大きな街ですが、観光的には中心部をちょっと見るくらいで、さほど長居する街ではありません。治安も良くないと聞くので、すぐに南下するバスに乗ることにします。

No comments:

Post a Comment