Dec.23.2012 闘牛 Bullfighting


闘牛は、スペインの国技として有名ですが、ここメキシコでも大衆の娯楽として根付いています。その起源は、おそらく植民地時代に遡るものでしょう。しかし、本国スペインでは、昨年全てのテレビ中継が終了。今年には、カタルーニャ州(バルセロナのある州)で闘牛禁止法が成立するなど、退潮著しいです。
なぜ、闘牛が廃れているか。ひとつは、大衆娯楽サッカーに移ったこと。そして、もうひとつは、生き物を人間の娯楽のために殺すことへの批判、です。
そう、闘牛とは、単に闘牛士が牛を華麗に操るのみでなく、最後には殺める競技。急所を一撃された牛が、バタリと倒れるその姿は、生命の儚さを感じさせます。
殺められた牛は、神聖なものとして食用に供されるそう。闘牛という文化をどう捉えるかは別にして、私達が日々食べる家畜たちも、屠殺場で殺されているという事実もまた、心に留めておくべきことなのだと思います。





No comments:

Post a Comment