Dec.24.2012 古代都市ティオティワカン Teotihuacan


メキシコシティから北へ50km、そこに現れる巨大な古代都市、ティオティワカン。
紀元前2世紀から、6世紀まで栄え、そして滅びた、古代メソアメリカ最大の都市。
最盛期の人口は、10万とも20万とも言われ、同時代の世界の他の都市と比較しても、その規模は抜きん出るもの。
しかし、文字文献を殆んど残さず消えたティオティワカン人の文明のその内実は、未だ殆んどわかっていません。
ですが、この巨大な古代都市のその空間にその身を置けば、その文明の息杖が伝わってくるような、そんな気がします。



No comments:

Post a Comment