Dec.30.2012 2012年最後の日の出 Last sunrise in 2012


ただいま、ロサンゼルス国際空港にて、東京成田国際空港行きの飛行機を待っております。
現地時間では、12月30日の朝ですが、これから日付変更線を越えますので、日本に着くのは12月31日の夕方。つまり、私にとっては、これが2012年最後の日の出となります。

今年も様々なことがありましたが、最後に偶然にもこのように美しい日の出が見られて、良き一年であったなと、振り返り思います。

今年は、5月20日までの前半と、以降の後半で、180度違う生活でした。前半は、太陽の元にいたのが数えるほどの、室内で過ごした日々でした。一転後半は、家にいたのが数えるほど、旅をし続けた日々でした。
幸いにも、目標としていた、司法試験合格という結果を出すことができ、その上、旅をしながら、様々な経験をし、また様々な人と出会うことができ、世界が大きく広がったと思える一年でした。

特に振り返れば、旅をきっかけに出会えた人の多きことに驚きます。コーカサスで出会った皆さん、ヨーロッパで出会った皆さん、中央アジアを共に旅した皆さん、山形をきっかけに出会った皆さん、アメリカで出会った皆さん、メキシコで出会った皆さん、私が今まで日常を過ごしてきたコミュニティというのは、実は友達の友達が友達であるくらい狭いコミュニティでしたが(現にFacebookなどでは、必ずと言っていいほど「共通の友人」が表示される範囲です)、旅先で出会えた皆さんは、その枠に収まらない、違った世界の日常を持っていらっしゃり、話していて様々なことを気付かされ、学ばされ、またそれでいて、旅という共通の価値観を共有できる友人足り得る、私にとって大変貴重な存在です。個々の出会いは偶然ですが、旅に出ると、このような偶然が必然的に訪れる、だから私は旅が好きなんだなと思います。

そして、このように旅を出来ること自体に、感謝する気持ちでいっぱいです。私は、旅が出来るのは、帰るところがあるからだと思っています。帰るべき日常があるからこそ、旅をしている時空間は非日常足りえる。だからこそ、様々なことに敏感に成り得、日常以上に充実した時間を過ごせるのだと思います。そしてまた、帰るべきところが帰りたいところであるから、安心して旅が出来るのだと思います。
ですから、私は、こうして日本に帰る、帰るべき場所に帰る飛行機を待つ時間がとても好きです。そして、そう思わせてくれる、帰るべき場所を守ってくれる家族には、何よりも感謝しています。

家に着くのが31日も暮れようとする頃で、ブログを更新する余裕もないでしょうから、一日早いですが、一年を振り返ってみました。日本時間では、日付も変わって31日になっていますしね。

それでは皆様、よいお年を。

No comments:

Post a Comment