Dec.9.2012 バンクーバー2日目 Vancouver 2nd day

バンクーバー2日目です。前日12月8日が、時差の関係で40時間あり、活動していた反動で、とにかく眠いです。天気が良ければ、ビクトリアに日帰りで行こうとも考えていたのですが、天気も生憎の雨。結局昼前まで泥のように眠り、結局一日中睡魔に襲われています。上海との時差は-16時間、日本との時差は-17時間、これだけの時差は未体験だったので、とにかく身体に堪えます。

そんな眠い&雨模様の今日でしたが、バンクーバーのダウンタウンを少し散歩してきたのでその話を。


ダウンタウンを歩いていると、とにかくスタバが多いという印象を受けます。近いところだと隣の店まで100mくらい。ダウンタウンの中心から徒歩10分の範囲に9軒あります。


スタバの他に多いのが、このティムホートンズというコーヒー屋・ドーナツ屋。日本のミスドようなお店です(ちなみにミスドはアメリカ創業ですが、アメリカではダンキンドーナツに買収されてほとんど消滅しているので、事実上日本のドーナツ屋ですね)。


カナダで忘れてはならないのは、先住民の存在。トーテムポールをはじめ、その独自の文化はやはり興味深いです。




バンクーバーでは、日本人対象の求人広告もみかけます。日本人が、日本と変わらない生活ができる街という点では、暮らしやすい街かもしれません。ただし、物価は高いですが。印象としては、日本より少し高いくらいです。市内交通の初乗りが2.5ドル≒210円。フードコートの食事が9~10ドル≒750~850円。スーパーの食料品もぱっと見たところ、日本より表示価格で1割か2割高く、更に12%の消費税がかかるといった具合です。
もっとも、郊外に大型格安量販店があって、そこで大量に買い込めば安いということがあるのかも知れません。その辺は、旅人としてちょっと滞在しただけでは判らないところです。
ちなみに、宿はドミトリーで一泊20ドル≒1700円で泊まっています。上海の2倍ですね。これはけっこう苦しい。もっとも、明日行くシアトルの宿は28米ドルですが。北米は高いです。


美容師のような専門職の募集も。


ちなみに、あの超有名焼肉店も上陸してました。しかし、EN-KAIって。こちらには宴会文化はないのでしょうか。確かに、宴会をpartyと訳すと、なんとなくニュアンスは違う気はします。


バンクーバーはこれでおしまいです。明日は、このバンクーバー・パシフィック・セントラル駅からシアトル行きの列車に乗ります。バンクーバーはしかし、ダウンタウンをふらふら散歩して危険を感じない街という点では、大変素晴らしい街でした。それでは、明日はシアトルからお届けします。

4 comments:

  1. 美容室TSUBAKI、バンクーバーに滞在していたときにお世話になりました。
    昨日のJAPADOGやコンビニ屋もバンクーバーの日本人コミュニティでは定番スポットでしたね。
    フードコートにとんかつ屋「さぼてん」が入っていたり…。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 美容室は言葉の壁が大きいよね。日本語でも、こういう髪型にというイメージを伝えるのは案外難しいのに、外国語でというのはハードルがかなり高い。だからこういう店があるのは心強いね。
      さぼてんは、結構海外進出してるよね。

      Delete
  2. とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。

    ReplyDelete
    Replies
    1. ありがとうございます。
      返信遅くなって申し訳ありません。
      引き続き、他の記事もお楽しみいただければ幸いです。

      Delete