キューバ② クラッシックカーの走る国 Classic cars still alive












キューバの道を見て、まず驚くのが、これらのクラシックカーたちです。アメリカでもはるか昔に姿を消したオールドタイマーたちが、この国ではごろごろと走っています。
なぜキューバではこれらの車が走っているのか、その理由は極めて政治的な要因にあります。1959年のキューバ革命以来、アメリカの喉元に突き刺さる社会主義国として、キューバはアメリカに敵視され続けて来ました。アメリカから経済制裁を受け続け、自動車を自由に輸入することが出来なかったため、革命以前に輸入された自動車を修理して使う他なかったのです。革命以前は、キューバはアメリカの事実上の植民地でしたから、走っているのもアメリカ車ばかりでした。それゆえ、皮肉にもアメリカ車最盛期の名車たちが、半世紀の時を越え、現代までキューバの地で走り続けているというわけです。

No comments:

Post a Comment