Jan.31.2013 標高4000m高原バスの旅 Altitude 4000m Andes highland

クスコから南東へ約400km、チチカカ湖畔の町プーノまで、7時間のバス移動。クスコ(標高約3400m)から、ラ・ラヤ峠(標高4335m)を越え、プーノ(標高約3850m)まで、標高4000mの高原地帯を走ります。






2006年のチベット鉄道の開業まで、鉄道世界最高地点だったラ・ラヤ峠(標高4335m)。


最高所の駅であった、ラ・ラヤ駅(4319m)。クスコとプーノを結ぶ観光列車が停車します。




沿道の、いくつかの村を通り過ぎます。このあたりは、先住民インディヘナの比率の高い地域。その暮らしぶりを垣間見ることができます。




高原の天気は変わりやすく、急に暗雲が立ち込め、雨が振ります。



チチカカ湖が見えてくれば、まもなく終点のプーノです。広がるその視界からは、にわかには信じられませんが、これらは富士山の山頂よりも高いところの景色です。

クスコ・プーノ間は夜行バスも走っており、ちょうど一晩で着くので、夜走り抜けてしまう旅行者も多いと思いますが、インカの中枢部である、アンデスの高原地帯の車窓は、見ずに通り過ぎるには惜しい、素晴らしい景色だと思います。

No comments:

Post a Comment