Feb.28.2013 プンタ・アレーナス Punta Arenas


プンタ・アレーナスは、アラスカから続くアメリカ大陸という一つの陸塊の、最も南に位置する町です。


行政区域としては、チリが領有権を主張する、南極地域と同一。人口約12万。南部パタゴニア最大の都市で、マガジャネス及びチリ領南極州の州都です。


目の前にはマゼラン海峡。「新大陸」の「発見」から、パナマ運河の開通まで、大西洋と太平洋を結ぶ最短経路で、物流の大動脈だった海峡です。


マゼランの像。足元には征服された先住民の姿。既に先住民は絶滅しており、この像はその残酷な力関係を如実に表しています。


かつての繁栄の名残でしょう、中心部には立派なコロニアルな建築が残り、美しい街並みを見せます。





私がこの町の名前を始めて知ったのは小学生の時、椎名誠氏の『パタゴニア あるいは風とたんぽぽの物語』という著書を読んだ時でした。日本から遠く離れた地球の裏側、世界の果てに町があり、人々が生活している。その事が、パタゴニアという名前とともに、私の中に強く印象に残りました。この更に南、フエゴ島にあるウシュアイアという町の名前を知ったのは随分と後になってからのことだったので、私の中では、プンタ・アレーナスという名前が、世界の果てと同義で、長く強い憧れを抱かせる名前でした。

思えば、私がこの様に、世界を旅したいと思う様になった原点も、この本にあるのかも知れません。中学受験の参考図書として、椎名誠氏『岳物語』が紹介されていて、それを読み始めてから、旅行作家の氏の本を読む様になり、その初めに読んだのが『パタゴニア』だったと思います。

氏が訪れてから30年、日本円は強くなり、航空運賃は下がり、今では多くの日本人旅行者が訪れるようになりました。また、デジタルカメラで即時に配信できる形で生の映像を記録し、インターネットで配信できるようになり、日本に居ながらにして容易にその様子を知れる様になりました。現にこうして、日本に居ながら私の中ブログを見てくださっている皆さんは、ほぼリアルタイムの現地の様子を御覧になっているわけです。

その様な情報過多の現在では、私の撮ったこれらの写真は、かつて私が文庫本の挿絵に見た数枚の写真の様に、強い印象と少なからぬ人生的影響を与えることは無いのでしょう。また、私が旅行者としてこの地に立っていることも、特別な意味は無いのでしょう。ただ、それでも私にとって、この地に立てた事は、一つ特別なものです。



プンタ・アレーナスの観光の目玉と言えば、ペンギン。マゼラン海峡に浮かぶ島、マグダレナ島まで、ペンギンたちのコロニーを見に行ってきました。









島までは、往復4時間。島自体は、さほど大きな島ではないのですが、島中に無数のペンギンの巣があり、おびただしい数のペンギンたちが佇んでいます。島の滞在時間は1時間、海峡を吹き抜ける風が強く吹き付け、かなり寒いので、十分でした。


ツアー代は28000ペソ≒5600円と結構高いですが、これだけの数の野生のペンギンに、間近で会える物としては悪くないでしょう。マゼラン海峡を船で航行できるという点も悪くありません。ちなみに、オトウェイ湾の営巣地ならば15000ペソ≒3000円でツアーが出ていました。規模はマグダネラ島の方が大きいそうです。


夕飯は、市場で買ったサーモンをお刺身に。キロ5500ペソ≒1100円と、プエルト・モンの倍以上しましたが、それでもこの量で4000ペソ≒800円なので、安いです。

もう二月もおしまいですね。バンクーバーを出てからもう三ヶ月近く経つわけですから、早いものです。

No comments:

Post a Comment