Mar.31.2013 移動日(サンパウロ→リオ)to Rio de Janeiro


ブラジル第一の都市サンパウロと、第二の都市のリオ・デ・ジャネイロ間の距離は430km、高速バスで約6時間、数社が20分に一本程度の頻度で運行しています。


ブラジルの高速道路はよく整備され、他の国の一般道との区別がないハイウェイと違い、日本の高速道路のように明確に高規格道路が整備されています。サービスエリアがあるのも特徴です。


といっても、沿道にはのどかな風景が広がります。ブラジルで最も人口密度が高い地域とは言え、日本の東海道ベルトとは異なります。




サンパウロは標高約800m、リオ・デ・ジャネイロのかなり近くまで高原を走ったあと、片峠を下り、標高0mのリオ・デ・ジャネイロに降りてきます。緯度的にはほとんど変わらないものの、サンパウロに比べ、むっとする、湿度も気温も高い空気に包まれます。

この区間、当初はサッカーW杯に合わせ、高速鉄道の建設が計画されていましたが、未だ着工に至っていません。計画では、最高時速360km/h、サンパウロ・リオ間を80分で結ぶとされていますが、実現は不透明です。もっとも、距離にして東京・京都間に、都市圏人口1000万を超える都市が位置し、現時点でも飛行機・バスともに相当の本数が運行されている区間ですから、潜在的な需要は相当なものでしょう。
技術的には、リオ・デ・ジャネイロを出て直ぐに、標高800を一気に登るしかないところが問題ですが、碓氷峠(長野新幹線、群馬長野県境、標高939m)に新幹線を通した日本の新幹線技術からすれば問題はないでしょう。問題は、ブラジルの国内問題で、入札が度々延期されていることです。新興国のインフラ市場は開拓の余地がありそうですが、新興国特有の内政リスクをどう見るかが、難しい所です。


No comments:

Post a Comment