Apr.17.2013 イピアレス、ラス・ラハス教会 Ipiales / Las Lajas Cathedral


エクアドルから、コロンビアに国境を越えた町、イピアレス近郊のラス・ラハスには、谷間に掛かる橋の袂に建てられた、美しい教会があります。









祭壇は、岩の壁に作られたもの。教会は幾度の改築を経ましたか、祭壇の位置は動かさなかった為、中心線を外れた位置にあります。



右の祭壇横の壁には、漢字で書かれた掘り込みが。私には落書きにしか見えませんが、ここに来る乗合タクシーで一緒だったツーリズムの先生という人が随分とその内容が何か気にしており、また、他の参拝客からも、何て書いてあるのかと質問を受けたので、歴史ある物のようです。




歴史的には、南米に数ある世界遺産の町の教会とは比較になりませんが、その立地の特異性から、特に印象に残る教会でした。


イピアレスの町。国境の町ですが国境側に偏らず、広場を中心にひとつの町としてまとまっている印象があります。


エクアドル、コロンビアの国境。


物価は、コロンビアに入り、明らかに高くなった印象です。特に、ソフトドリンクのペットボトルが格段に高くなりました。300mlで1500ペソ≒81円。600mlで2300ペソ≒125円。エクアドルでは1ドル≒100円しませんでした。


イピアレスのバスターミナルは、国境とは反対側の町外れ。と言ってもセントロから10分ほどです。ここから約8時間離れた、ポパヤンまで、夜行バスで移動します。言い値は35000ペソですが、交渉や出発間際だと、25000ペソまでは下がります(下がらない会社もあります)。逆に、これ以上は絶対にどこも下げなかったので、これが正価なのでしょう。

No comments:

Post a Comment