May.19.2013 猿島 Saru-shima, Japan


猿島は、横須賀沖に浮かぶ、東京湾唯一の自然島。明治時代には、陸・海軍により、首都防衛のための要塞が建設され、今もその遺構を島内に見ることが出来ます。



猿島要塞では、日本では珍しい、フランドル積(フランス積)というレンガ積みの工法が採られており、建築学的にも面白い場所です。


東京湾防衛のための要塞であったため、島の各所には砲台が設置されていました。


右手前の陸地は、神奈川県の観音崎、奥中央から左手に見える陸地は、対岸の千葉県房総半島です。東京湾が最も狭くなっているこの場所は、外海から東京湾に侵入しようとする敵艦を迎え撃つのに、非常に重要な場所でした。


猿島は無人島ですが、今は公園として整備され、簡単に散策できるようになっています。


要塞の遺構には遊歩道まで整備されています。


船着場横の海岸。ここは気軽にバーベキューや海水浴の出来る海岸として、休日になると、ものすごい数の観光客が押し寄せます。ですから「無人島」という雰囲気は、残念ながら皆無です。


ちなみに、こちらは12年前、2001年7月の猿島の写真。2003年に横須賀市により公園として整備される前で、廃墟がほぼ手付かずで残っていました。





当時高校生だった私には、その廃墟然として、ひっそりと無人島に眠る遺跡の雰囲気が強く印象に残りました。その点では、12年ぶりに訪れた猿島は、あまりに整備され、観光地化されていたので、少し残念ではありました。
もっとも、今日は大勢で訪れ、バーベキューをするなど、「今」の猿島を、十分に楽しめたので、それはそれで楽しい休日でした。

No comments:

Post a Comment