南大東島


南大東島は、沖縄本島の東方約400km、水深4000mの太平洋上に忽然と姿を現す絶海の孤島。周囲を10mの隆起珊瑚の断崖が囲み、長年人の上陸を拒み続けてきました。そんな島も、明治期に開拓団が入り、一面のサトウキビ畑が広がる島になりました。隆起珊瑚という島の形成上、中央部がくぼみ、周辺部が高くなっているので、水平線が見えず、沖縄の離島にもかかわらず、どこまでも畑が広がる北海道のような風景が広がります。


島には、かつてはサトウキビ運搬用の鉄道網があり、蒸気機関車が島を走り回っていました。現在は運搬はトラックにかわり、収穫の時期になると大型のトラックが島を走り回ります。


大東諸島は、開拓の経緯から、沖縄の他の異なり、琉球文化圏にはありませでした。そのかわり、開拓団の主な出身地である八丈島の文化の流れを汲み、本土式の神社や、漬けマグロと漬けサワラを用いた八丈式の島寿司が見られます。


No comments:

Post a Comment