粟島(新潟)


粟島は、新潟県の日本海に浮かぶ離島、周囲23km、自転車で2、3時間で一周見て回れるくらいの小さな島です。全般的に切り立った崖に囲まれ、美しい海岸線が特徴的な島です。


粟島は、小さい島ながら、粟島浦村という一つの独立した自治体になっています。人口369人の小さい村です。


内浦は、本土からの船が到着する、島の主たる集落で、島内で唯一まとまった平地があり、公共施設、住居や民宿、商店などがあります。


釜谷の集落は、断崖の海岸線にへばりつくように形成された集落で、細い路地が特徴の密集した街並みです。


釜谷には、かつては小学校の分校がありました。今も集会場として使われており、時が止まったような空間があります。


粟島の主産業は漁業で、郷土料理として、焼いた魚を葱、味噌、水とともに、曲げわっぱに入れ、焼いた石を入れて煮るという、わっぱ煮があります。食堂でも食べることができて、大変美味しいです。


粟島には、新潟県本土の岩船港から、高速船とフェリーが就航しており、高速船で55分、フェリーで1時間半で渡ることができます。

No comments:

Post a Comment